Pages

Sunday, August 03, 2014

人間の愚かさを認めて 子どもたちの為に祈りたい



こんにちは。はしもとのり子です。

今日もご訪問 ありがとうございます。


1日のNHKのニュースを見てから、

心にずっと引っ掛かっています。

今、パレスチナ・ガザ地区が イスラエル軍の攻撃により

大変な状況になっていますね。


この日の情報で子どもの犠牲者が330人

怪我をした子どもを含めると、何千人という数字になるでしょう。


日本国際ボランティアセンターパレスチナ現地調整員

金子由佳さんがインタビューに答えていました。


「本当に言い表せないぐらい悔しい。

積み上げてきた一つ一つのものが一瞬で壊されてしまった。


子どもが武器を持って戦うわけがないわけで

それを知っていて、今まで子どもを殺している現実も

世界中に発信されているにもかかわらず

誰もこれを止められない。」


誰もが、命の大切さを分かっているはずなのに

戦争の悲惨さだって

弱いものが犠牲になることだって分かっているのに


でも、誰も止められない この惨い現実


私たち人類は、いったい何を学んできたのだろう


ニュースを見て食事をする手が止まった私に

夫は、

「人間だから仕方がないのかも知れないね。

のり子さんのやるべきことを一生懸命にすればいいんじゃない。

世界で活躍するU2のボノだって、

あれだけの平和活動をしていても、

自分の力の小ささを嘆いているのだから。」


金子さんは、2日に食料を持って現地に向かっています。

嘆くばかりではなく、彼女の役割を果たそうとしている・・・


私たちにできること

子どもたちに不安のない平穏な日々が

子どもらしい生活が送れる日が

一日も早く訪れるように祈りたい


平和が当たり前と思わずに

感謝すること

与えられている今の状況に甘んじることなく

最大限に自分を活かせるように努力したい


嘆き悲しむ人々

不安で怯えてる子どもたちの為にも

私たちは顔を上げ

心豊かに過ごしたい


自分の身の回りで、

生かされていないものがないように

全てに愛を注ぎたい


自分の心と身体を慈しみ

溢れるエネルギーを仲間に届けたい

人間の愚かさを認め

平和を祈りたい


☆☆雨の後のハート☆☆

全国で被害が出た豪雨

我が家のベランダで見つけた雨上がりのハート

戦いを終えてハート(愛)が残りますように!


No comments:

Post a Comment