Pages

Wednesday, February 11, 2015

行き詰った時は思考をチェック!



こんにちは! はしもとのり子です。

暦では立春を迎え季節は春なのですが、

冬が行きつ戻りつしていて、まだまだ寒いですね。


娘からロサンゼルス到着後の報告がありました。

ホームステイ先のホストファミリーの方々が優しくて、

空港まで迎えに来てくださり、とても温かく受け入れてくださったとの事。


スカイプでお家を見せてもらいましたが、

家の前が小学校で静かな郊外にあるようです。


用意してくださったお部屋も広くて、

しかも、女性にはありがたいプレイベートなバストイレ洗面台付き。

娘用に花柄のベッドカバーをしてくださっていて、

窓も広くて明るい本当に素敵なお部屋でした。


でも、実は・・・

出発の2日前になっても住居が決まらなかったのですよ。


ビザの発行が、1月末か2月初めということで、

パスポートが手元に届き次第に日本を立つ予定でしたから、

出発日が定まらないので、飛行機の便も決められず、

契約するとその日から費用も発生するので、

住居も決めかねていたという落ち着かない状況でした。


出発2日前に、私が仕事をしていると、

急に娘の焦りが伝わってきて、思わず電話をしました。


「息が浅くなってるよ。深呼吸したら。」と、伝えてから、

色々と状況を聞くと、

これから、ロサンゼルスとスカイプで住居の交渉をするとのこと。


話を聞いている間に、どうも娘の思考パターンが拘りを持ち始めていて

悪い面を出している事に気が付きました。


その事を娘に告げ、対応策も伝えて電話を切り仕事をしていると

1時間程たった頃に娘から電話がありました。


「お母さん、ありがとう!

ありえないことが起こった。」 と、言って吉報を知らせてくれました。


どうやら、住みたいと思っていたお部屋が、

好条件で先方から承諾が出たとのこと。


ディスカウントがOKで、その上に、朝・夕の食事がついて、

ランチ用に果物も用意してくれるとのことでした。


そして、到着して驚いたのは、

娘は前から小型犬と一緒に暮らしたいと思っていたようで、

その家はチワワの子犬を飼っていて

すぐ娘になついてくれたとのでした。

スカイプでも、娘の傍で寝ている姿が映っていました。


このラッキーな事の運びは、

思考のチェンジが鍵を握っていました。


物事をどう捉えるのか、

また、どんな風に考えて行動していくのか、


人はそれぞれに思考にも個性があります。

私と娘も母娘ですが、

思考のパターンは異なります。


自分の思考パターンは、

悪い面に出るとは限りません。

良い面にも作用するし、

悪い面にも作用します。


物事に行き詰まった時に、

内省してみることです。


今の自分の状況は、

思考パターンがどう関わっているのかに

気づくことが大切です。


今回は、娘の利点でもある思考のパターンが

悪い面に作用してしまい、

娘の直観を鈍らせていました。


私たちは、拘ると執着が出て、

執着は、そこでエネルギーが止まることであり、

前に開かれていくことが出来なくなります。


娘の場合は、早めに気づいてリセットし、

最初に自分が感じたことを思いだして、

その直観に従って動くことで、状況が変化しました。


娘は課題を見つける思考が優れています。

でも、それが悪い方に作用すると、

もっと良い情報を集めたいと欲が出てくるのです。

その欲は、自分の本当の気持ちを見えなくしてしまいます。


この家を見たときに「住みたい!」と思った気持ち、

なぜ、ここがいいと思ったのか

でも、どうして躊躇してしまうのか


心をクリアにして、今の自分の状況を見ることで、

余計な雑念は取り払われ、

純粋に「ここに住みたい」という気持ちと共に

相手と向き合うことが出来たのです。


こちらが、肩の力を抜いて素直であれば、

先方も心を開いてこちらの話を聞いてくれる状況になるのです。



私は、ありがたいことに娘を通して、

『 夢実現 』、『 現状打破 』の、ヒントをいっぱい得ることが出来ています。


このことをぜひレッスンの中でお伝えしていきたいと思い、

期間限定のレッスンを企画いたしました。


今までのBe Happy! レッスンに、

娘の経験を通して得た具体的な事例を

お一人お一人に合わせたレクチャーを付けて

コーチングし、レッスンいたします。

詳しくは次回のブログをご覧くださいませ。


☆☆ロサンゼルス空港に到着☆☆

Welcome to Los Angeles の文字が書かれたカートが、

娘に、「着いた!」と実感させてくれたことでしょう。


No comments:

Post a Comment