Pages

Wednesday, December 17, 2014

「私」というブランドの誇り ティファニーでの豪華なひととき



こんにちは!

はしもとのり子です。

鳥取での大学生との触れ合いや、

自然の中で過ごしてリフレッシュして参りました!


明日は、「今年は、こんなことが実現できた!」と、

2014年を象徴できるような仕事の締めくくりを控えています。

楽しくもうひと踏ん張りです。


さて、鳥取での学生から頂いた祝福も書きたいのですが、

まずは、ティファニーからのお招きのことを。


前回のブログの写真は、

ティファニー大阪梅田店の

リニューアルオープニングセレモニーの招待状でした。

今日の写真は、

リニューアルされたサロン風の店内で、

ティファニーブルーのドリンクを頂いているところです。




すごいでしょ!

出されたデザートも、ティファニーのプレゼントボックスの形をしています。




この日のゲストは、何と道端ジェシカさん!

そして、ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク 社の

社長 ダニエル・ペレル氏も来られていて、テープカットが行われました。


私は娘を誘って行ったのですが、

娘と二人、真正面に案内してくださいました。


テープカットの後は店内で、

シャンパンや軽食を頂き、

そして、特別なジュエリーを見て回りました。


ジェシカさんは、2億円するジュエリーを身に付けて

ペレル社長と一緒に店内を回りながらお話されていましたよ。


私たちも、お二人と握手して、

ご一緒にお話しをさせていただくことが出来ました。

娘はペレル社長と英語で会話をして、

私は、もちろん日本語で、

ニューヨークのティファニー本店で、

結婚指輪を購入したときの事をお話させていただきました。


ペレル社長は、とってもフランクにユーモアを交えてお話してくださり、

ジェシカさんは、足がとっても美しくて、

お顔も小さく同じ人間とは思えなくて・・・!

この日は、セレモニーですから、

お店はオープンされておらず、

外から、ウインドウ越しにジェシカさんを見ている方でいっぱいでしたよ。


私たちが過ごした2時間程は、

そこだけが特別な、キラキラとしている

ラグジュアリー・・・そんな言葉がぴったりの贅沢なひとときでした。


リニューアルされた素晴らしい輝きに満ちた場所で

一流の人たちと語らい、最高級のおもてなしを受けて、

新しい世界を覗く喜びを味わってきました。


そして、そこで働く方々が、

自社の商品に誇りを持っているのが伝わりました。


「このような良い気に満ちているお店で、

誇りを持っている方々から購入したい!」 と、思わせてくれ、

ちゃんと世界に誇る一流ブランドへの風格を見せてくださいました。


ブランドは、約束を守ってくれます。

そのブランドに触れる喜びを味あわせてくれます。

触れる私たちが誇りに思える・・・

そんな一流と言われるブランドの一片を体感してきました。


皆さんも「私」というブランドです。

あなたに触れる誰かが、喜びを感じてくれること。


私自身も、私と触れ合いたいと思ってくださるように

私が、いつも「私」であるように、

エネルギーを淀ませないようにしていこうと思いました。


ティファニーの店員の方達がそうだったように、

自社製品に誇りを持ち、その商品を販売する喜び

その商品を使ってくださる方々の幸せを想う…


自分自身を誇りに思う・・・

そんな私でありたいと改めて感じた一日でした。


明日も心を込めてお話をして参ります。

「私」という商品に誇りを持って!


そして、

私と触れ合ったことに喜びを感じていただけますように☆



No comments:

Post a Comment