Pages

Monday, October 27, 2014

「聞いて 聞いて!」って、聞こえてきませんか☆



こんにちは! はしもとのり子です。

今日は近畿地方で木枯らし一号が吹いたようで、

冬の足音が聞こえた寒さでした。


さて、前回のブログに書きましたが、

私はまだまだ発展途上中で

何か気付きがあると嬉しくなるのです。


それが、例え小さな子ども向けのお話であっても、

何気ないテレビドラマの会話であっても、

「すごいなぁ」 「そうだよね」 「そうか~なるほど~」と

感動したり共感したり、納得したりする瞬間が大好きです。


そして、それを気付かされることに感謝することが嬉しいのです。

きっと私は、それを見つける為に本を読み

映画のスクリーンやテレビに向かっているのかも知れません。


もっと、大きく表現したら、

それらを味わう為に生きているのかも知れません。


それほど、私にとって日々の心の動きが重要。


今も、机に向かいながらも、

ベランダの洗濯物が揺れているのを楽しみ

運動場からの子どもたちの明るい声に心を弾ませています。


私にとって、

心が動くことは生きている実感です。


喜びも悲しみも、

生きているから心が動くのですものね。


「何を成し得たか」 も大切なのかも知れませんが、

日々、どう味わって過ごしたのか・・・


それを積み重ねていくことが、

もっと大切なのかと思うのです。


「味わう」・・・奥が深い言葉です。

そう思いませんか。



心が動くとき・・・

「聞いて 聞いて! こんなことがあったよ!」と、

まるで、幼子が母親に聞いてもらうように、


自分の心が自分に 「聞いて 聞いて!」と、

言っているような・・・


「そうようね。そうなの。それからね・・・」と、

子どもの私が、母親に話しかけているような、

そんな気持ちになれるのです。


皆さんも耳を澄ましてみて、

「聞いて 聞いて!」って、あなたの心が言ってませんか。


☆☆ お昼寝 ☆☆

私の机の前の窓際でお昼寝する みやちゃん。。。

この姿を見ているだけで ほっこりします。


No comments:

Post a Comment