Pages

Friday, February 14, 2014

思い込みを外して可能性を広げよう! ★ソチ五輪★



こんにちは!はしもとのり子です。

今日の大阪はすごい雪でした!


ベランダに出ると、自宅前の小学校から、

子ども達のはしゃぐ声が聞こえてきます。

大阪での雪は珍しいから嬉しいのでしょう。


「雪が降っている」という事実は一つですが、

解釈 ( 想い・感情 ) は無限にあります。


それは全て、『 受けての心 』 によって違いが出るのですね。


一日を除雪に費やさなければならない地域の人にとっては、

「雪」と聞いただけで、「勘弁して!」と思うことでしょう。


今日のホワイトバレンタインをロマンチックに過ごした人たちは、

「雪」に対して、素敵なイメージを持つかも知れませんね。


先日、ソチ五輪スノーボードで銅メダルに輝いた平岡卓選手は

雪とは縁のない奈良県の出身。 驚きました。


彼にとって、「雪」はどれほど貴重だったことでしょうか。


毎週末にお父さんが奈良から200キロ以上も離れた岐阜や

四国にある施設まで連れていってくれ、練習を重ねてきたそうです。


平岡選手は、このハンデと思える状況を

自分で作った人形を使って、毎日イメージトレーニングを重ね

結果は、銅メダル!


私たちは、起こっていることに善悪を付けてしまいがちです。


それを「 思い込み 」にしてしまう事はいけないんだ…と

ニュースを観ていて改めて思いました。


雪国でない地域から、スノーボードの選手

ましてや、オリンピック選手になるなんて絶対ムリ!


もし、家族も本人もそう思ったなら、

彼の今日はなかったことでしょう。


私たちも、日々これに似た思い込みをしています。

   私は○○だからムリ

   あの人は○○だから上手くいった

   この状況から○○はありえない・・・などなど


もし、そこに自分のキラキラがあるなら、

この○○を可能性に変えていきましょう。


自作の人形でイメージトレーニングを重ねた平岡選手のように。



私の好きな歌の一つ

「あとひとつ」から好きなフレーズを幾つか記します。


  抑えきれないこの気持ちを希望と呼ぶなら

  いったい誰が、止められるというのだろう

  僕は信じているから 君もあきらめないでいて


このソチ五輪スノーボード競技で、

銀に輝いたのは、15歳の平野歩夢選手!

そして、平岡選手は18歳。


若者の未来に!

今後の活躍をお祈りいたします。



さて、今のあなたの思い込みは何でしょう・・・


それが、自分の可能性を阻んでいるのですね。


日々の起こる出来事に対して、

前向きに対処していきましょう!


Be Happy! 

今日もありがとうござました。


☆☆2月14日☆☆

降り続く雪・・・

江坂の街が真っ白



No comments:

Post a Comment