Pages

Tuesday, July 21, 2015

★「心を育む」のは、やっぱり「心」なのですね。



こんにちは!はしもとのり子です。

ブログを楽しみにしてくださる嬉しいお声も聞く中で

気が付けば、10日以上も空いてしまいました。


さて、最近の私は、

感激で涙が出るほどの幸せ体験をしています。


何時頃からなのか、

気がつけば、

有難い事、嬉しい事が

重なり重なって

頭がヘンになるかと思うほどなのです。


今日は、その最大級のものを。


突然!

ある保育園様から大きな封筒が届き、

開封すると、

沢山のお手紙が入っていました!


最初の1通を読んだ途端に涙が溢れ

文字が見えなくなりました。


そのお手紙の一通一通に心が込められていて、

書いてくださった方の想いが伝わってきたからです。


綺麗な色を使ったお手製の便箋やら、

選んでくださったのであろう拘りの便箋


封筒に入れてくださったり

織り方を工夫してくださったり

折り紙を付けてくださったり


レポート用紙にびっしりの人

2枚も3枚も書いてくださっていたり…などなど。


それぞれの想いを形にしてくださっていました。


あまりの感動に

あまりの嬉しさに


こんな事があるのかしら!

と、ガツン!と衝撃を受けました。


ホントに衝撃という言葉がぴったりの

強く心を動かされた出来事でした。


私は、その保育園さんで3回の研修をさせていただき、

最後に、「仲間からの信頼シャワー」を企画し

その作業をRUNWAYがさせて頂いたのです。


そのお礼を込めたお手紙でした。

それを納品したのが、

ゴールデンウィーク前でしたので、

お礼のお手紙が届くまでは少し期間がありました。


その期間と手紙の内容が、

「この手紙は、仕事の合間ではなく、

きちんと向き合って書かれたもの」


ということを私に教えてくれています。

全員のお手紙が揃ったところで

送ってくださったのでしょうね。


そんなことを考えると

また、一層に嬉しい気持ちが湧いてくるのです。


そして、、、

それを受け取った私と言えば、、、、(・_・;)


お礼がしたいのに、

嬉しすぎて言葉が見つからなくて

何をしてもこの感動は伝えられないと思っているところです。


私は、「心を育む人材育成」を礎とし、

研修や企画をして実践していますが、


今回ほど、

「心を育む」のは「心」なのだと実感したことはありません。


私の心に潤いがもたらされ、

私の方向性は間違っていない!


と、自分を認め、

自分を尊ぶ気持ちが高まったからです。


皆さんの心のこもったメッセージであったからこそ、

私の自尊心が高まったのです。


私たちは、人の中で生きています。

だから、

お互いに心を育み合いながら、

お互いを認め合っていきたいですね。


私たち人間には感情があり、

愛し合いたいと思っている生き物です。


愛し、愛されて生きて行きたいのです。


私たちの行動に、言葉に

愛があれば、


発する自分自身も愛に満たされ、

受け取る相手も愛を感じることでしょう。


愛がいっぱい詰まったお手紙の入った封筒・・・


受け取った時の感動を

一生忘れることがないように。


ここから始まる・・・

そんな気がしています。


これを書いていても涙が出そう・・・

本当にありがとうございます。


☆☆感動!☆☆

数えたら34通!

私の宝物が、また一つ。


No comments:

Post a Comment