Pages

Tuesday, January 14, 2014

しっかり生きる!・・生きることを粗末にしていたのかも知れない



こんにちは! はしもとのり子です

今年はお正月気分も味わうことなく

月日の流れを感じています。


最近、命について考えさせられることが多くなりました。

考えたいから考えているのではなく、

考えずにおれなくなる場面や問いかけがやってきます。


きっと、私の中で、

肉体を使って生きる事の期限を意識し始めたからなのでしょう。

  『 あなたは どう生きたいの 』

  『 どう生きてきたの 』

と、どこかで誰かが聞いているような気がするのです。


もし、もし今

私が死んだら、何を後悔するのかと自分に問うたら、

思わぬ答えが返ってきました。


  『 時間を無駄にしたこと 』

  『 食欲をコントロールできなかったこと 』 と出てきました。


どうして、このような事が浮かんだのだろうと、

時間を無駄には良しとして、なぜ食欲?


目を瞑ってこの2つを感じていると・・・


オードリー・ヘプバーンがユニセフ親善大使として

最初の活動を終えた時の記者会見の映像が浮かびました。


エチオピアで餓死寸前の人々を目のあたりにしてきて、

犠牲者の殆どが子どもであることを 涙ながらに訴えていました。


子どもの悲惨な状況とヘプバーンの言葉・・・

忘れられない衝撃的な映像でした。


そして、マザー・テレサがノーベル賞授賞式の後の晩さん会を辞退し

「その費用で、子どもが救えるから 」 と答えた、ということも思い出しました。

賞金は全額寄付をしたとのこと。


そう、、今の私の命は

貧しい国の、明日を生きたかった 叶わなかった子ども達の未来なのです。


食べ物や時間・・・私は生きることを粗末にしていたのかも知れません。


しっかり生きなきゃ!


子ども達の笑顔が大好き

「 世界中の子ども達の瞳が輝いていますように 」

と、掲げ、祈っていたのに


私は、祈るだけで、

自分に出来ることが、まだまだある!そのことに及んでいませんでした。


だれもが、すぐに出来る世界平和


  家族を愛すること

  小さなことにも愛を持って触れ合うこと

  命を大切にすること


心の奥にある私の宝物が光輝き

大切な原点を改めて思い出させてくれました。


大切な命 与えられた命

しっかり生きたい!


今年は、こんな想いをベースに活動していきます。


今日は夫に感謝です。

素晴らしいインスピレーションを与えてくださり

ありがとうございます。



☆☆「たろう」&「みや」☆☆

我が家の怖がりさん2匹

いつもお客様が来ると、夫の部屋のソファーの下に隠れて出てきません。

この日は、寝ることもせずに3時間近くこの状態だったようです。

あんまり可愛いのでパチリ ♪

怯えながらも、頑張っているんだね。



No comments:

Post a Comment