Pages

Sunday, September 28, 2008

究極の贅沢です。



急に寒くなってきましたね。
お布団もあったかいのに換えて、腹巻もしています。

お風呂もゆっくりと浸かるようになりました。
これからは、入浴剤を楽しめる時期に入ります。

先日、ランウェイの一周年記念に頂いたバラの花をお風呂に浮かべて入りました。
こんなことは生まれて初めて!

バラを頂いたときに、恭子さんから、「バラの花びらをお風呂に入れて楽しんでね。」と言われて、思わず、「もったいなくて、出来ない~っ!」 と言うと、

「綺麗なままの状態を楽しんであげてよ。その方が枯れて捨てられるより、バラも喜ぶんじゃないかなと思ってるんだけど。私がバラなら、綺麗なままの状態で居たいから。」

それもそうだな。。。とすごく納得して、まだ綺麗な状態の花びらをバラバラにしてお風呂に浮かべて、更にバラの香りのエッセンスを入れて、ドボ~ン♪

ものすごく贅沢!

どちらかと言うと私は、くたびれるまで使う方で、捨てるのは後ろめたさを感じる方ですから、こんなことは、夢にも考えないことでした。

湯船に浮かんだバラの美しさを身にまとい、バラの香りと共に綺麗な状態を思いっきり楽しむことが出来ました。

美しいものを美しいままに、その美がある状態の「旬の時」を思いっきり味わうのは、究極の贅沢のような気がしました。

身の回りで、「旬の時」を逃しているものが、きっとあるはずですね。
探してみたくなりました。

私???・・・まだまだっ! これから咲くんですから。
咲かずに終われませんからね!

◇恭子さん、約束通り、バラ風呂に入りましたよ。
でも、後始末が大変でした・・・トホッ

No comments:

Post a Comment