Pages

Sunday, April 06, 2008

「人生の扉」



NHKのSONGSで、竹内まりやさんの特集がありました。
歌手歴が30年ということで興味を持ち録画して、ゆっくりと観たのです。

多くの歌手が現れては消えていく世界で、現役で活躍し特集番組を組んでもらえることの素晴らしさを感じます。

テレビを観ていて、「不思議なピーチパイ」という曲が流れた時、なんだか鮮明に記憶が蘇りました。

私が新米社会人だったときに流れていたのでは・・・?
たしか化粧品会社のCMソングだったと思います。 私の好きなピンクが流行で、この歌詞の「ピーチパイ♪」という部分が、春らしく弾む感じで印象的でした。

あの曲を聴いた春から、もう30年近くが過ぎているのかと感慨深くなります。


もう一つ、心に残った歌詞がありましたので、調べました。

『人生の扉』

春がまた来るたび ひとつ年を重ね
目に映る景色も 少しずつ変わるよ
陽気にはしゃいでた 幼い日は遠く
気がつけば五十路を 越えた私がいる
信じられない速さで 時は過ぎ去ると 知ってしまったら
どんな小さなことも 覚えていたいと 心が言ったよ

I say it's fun to be 20
You say it's great to be 30
And they say it's lovely to be 40
But I feel it's nice to be 50

満開の桜や 色づく山の紅葉を
この先いったい何度 見ることになるだろう
ひとつひとつ 人生の扉を開けては 感じるその重さ
ひとりひとり 愛する人たちのために 生きてゆきたいよ

I say it's fine to be 60
You say it's alright to be 70
And they say still good to be 80
But I'll maybe live over 90

君のデニムの青が 褪せてゆくほど 味わい増すように
長い旅路の果てに 輝く何かが 誰にでもあるさ

I say it's sad to get weak
You say it's hard to get older
And they say that life has no meaning
But I still believe it's worth living
But I still believe it's worth living


どうでしょうか!
この歌詞は全ての年代に素敵なメッセージを贈ってくれていますね。

まりやさん自身が50歳代に入られて感じていることも含めて、でも、その先も、ずっとその先も、素晴らしい日々が待っているのだと教えてくれています。

年を重ねる事を恐れずに、その時々の素晴らしさを感じ、伝えていきたいと強く思いました。

◇「不思議なピーチパイ」の頃と「人生の扉」のまりやさん。
素敵に年を重ねていらっしゃいますね。

No comments:

Post a Comment